QLOOKアクセス解析

新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」のご購入はこちら

※Amazonにリンクしています

新TOEIC TEST 英文法 出るとこだけ!―直前5日間で100点差がつく鉄則27
TOEICのスコアアップに特化しており無駄がなく、テスト1ヶ月前ぐらいからの文法学習追込み用のテキストとして使用するととても効果が高いです。本に書かれてあるように直前5日間といわず繰り返し学習したい教材です。直前対策用として是非お薦めします。口コミの評価も非常に良いです。

平成25年4月14日

 

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」の学習は
5周するつもりでしたが休んでしまった週もあり、
最終的に3周半でテストに臨むことになりました。

 

会場の中でも最後の最後までこの本を読みました。
大変頼りになった本でした。

 

この本を紹介してくれた
林式 新TOEIC 超速スコアアップ法には
感謝しています。

 

 

(※公式問題集より類似問題をピックアップしました)

 

特に効果があったのが、
述語動詞に続く補語を選ぶような問題。

 

述語動詞を修飾する副詞を選ぶような問題です
TOEIC問題

 

 

全くダメだったのが、文意を捉えて解答する問題。
語彙力の問題なので、単語の学習をしましょう。
何問かありましたが、メロメロでした。
TOEIC問題

 

part7の最後まで行き着きませんでしたが、この本のおかげで
短期間のうちに一通りの学習ができて、
相当な解答スピードのアップが図れました。

 

次回受験する際も、最後の追い込みに
使いたいと思っています。

 

 

 

←前回レポート

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」関連ページをまとめて見られる方はこちら

続きを読む≫ 2013/04/14 21:31:14

平成25年3月24日

 

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」
の学習は2周目に入りました。

 

 

1周目は一日一日進むのがかなりしんどく、
問題を飛ばしたりしてましたが、
2周目は問題もきちんと取組み、
分かっているところと分からないところをはっきりさせてゆきました。

 

さすがに2周目ということもあり、
この前読んだところだなと思いながら読む部分と、
全く記憶に無い部分があり(一週間前に読んだはずなのに・・)
繰り返し学習は大切だと改めて感じます。

 

意外にも「可算名詞・不可算名詞」
「名詞の前の否定形」など
分かっているつもりのところで苦戦しました。

 

 

ところで、文法を一通り学習するのに皆さんはどれだけの時間がかかるとお考えですか?

 

 

 

私は、
わずか1週間で2周目にかかれるところがこの本のいいところだと感じます。

 

分厚い参考書であればこうはいかないなと思うのと同時に、
こういう網羅性のあるものを一気に仕上げてから、
難しい本に移行すればしっかり学習できそうだと思いました。

 

あと、
この本のよいところは問題の解説にもありました。

 

例えば「時制」の問題の解説に、「『for+期間を表す言葉』と
一緒に使えるのは現在完了」とか

 

「『時・条件』を表す副詞節の中では、
未来のことを表すことでもwillは用いない」など

 

「鉄則」や「ポイント」とリンクした解説がスパッとしてあり、大変分かりやすい点です。

 

 

いい教材に出会えたなぁと感謝していますが、

 

これは
林式 新TOEIC 超速スコアアップ法で推薦されている教材で、
実はそれに従ってやっているだけなのです。

 

 

 

 

←前回レポート                          次回レポート→

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」関連ページをまとめて見られる方はこちら

続きを読む≫ 2013/03/24 00:41:24

平成25年3月16日

 

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」のテキストを1周やりました。

 

 

このテキストは、
最終5日間の追い込みをするような構成になっており、
5日間で一通りの頻出問題が網羅できるようになっています

 

 

私は月曜日から金曜日までの5日間で、
5週間かけて5周する計画を立ててやると決めました。

 

 

今日で1周目を終えました。

 

最初の2日間は予定通りやり遂げましたが、
3日目にその日の半分、4日目に昨日のやり残し、
5,6日目に一日遅れでやっと1周目ができたという感じです。

 

やはり仕事を終えて帰ってからの学習はしんどいというのが率直な感想です。

 

 

久しぶりの英文法ということで、
一日分のテキストを読み進めるのは結構根気が要りました。

 

私はこのテキストから文法学習を始めたので、
一度読んだだけでは定着させるのが難しかったです。

 

テキストを一通りやってみて、
「こういう項目がよく出るんだ」とか
「そういえば高校のときこんなのを覚えてたな」とか
「この言い回しはこういう理由で、この言い方をするんだ」とか
新しい発見は多かったように思います。

 

 

実際先週にやった、part5の問題が40問中わずか
18問正解という悲惨な結果でしたが、
このテキストを1周やり終えて、
同じ問題をしたら40問中27問正解まで改善していました。

 

ただ、なぜこの選択肢なのか明確に理解できている問題は少なく、
1週間の慣れと、おぼろげな記憶で点が上がったという感じでした。

 

2周目以降は、「各ポイントごとにある問題を、
なぜそうなるのか理解した上で正確に解けるようになる」ことと
「各ポイントごとに覚えなければいけない言葉や単語を定着させる」こと
を目指して学習しようと思います。

 

たったの5日間で、網羅性のある頻出問題に触れることができる点

 

重要なポイントが分かりやすく「鉄則」「ポイント」としてまとめられている点

 

出題パターンが分かれば、空所の前後を見ただけで解ける「3秒で解く!」コーナーは
点数アップに直結し、効果的だと感じた点。

 

などがこの本の素晴らしい点だと思います。

 

 

 

←前回レポート                          次回レポート→

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」関連ページをまとめて見られる方はこちら

続きを読む≫ 2013/03/16 11:54:16

平成25年3月9日

 

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」の勉強を始めます。

 

 

文法は「Forest」で学ぶつもりでしたが、
最初のTOEICの受験まで1ヶ月しかなく、
TOEICに特化した文法書に一時浮気することにしました。

 

 

本の構成は直前の5日間で追い込む作りになっていますが、
私は月曜から金曜までの5日間の学習を5周すると決めました

 

新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ

 

これまでの英語学習で、
一冊の本をここまでじっくりやることは
なかったと記憶しています。

 

 

どうしても浮気して、
次から次に新しい本に目移りしてしまっていました。

 


回も浮気しているわけですが、
公式問題集とこの本以外は封印してテストに臨むことにしました。

 

 

効果的な学習法を探しているうちに、
ひとつ気づいたことがあります。

 

TOEICのハイスコア得点者や、
上位大学合格者がよく使う言葉に
「○○の参考書を△周した・・」
「単語帳を△周した・・」というものがあります。

 

よくできる方ほど繰り返し何度も学習していることに気づきました

 

今回は私もそれに乗っかって
同じ本をじっくり取り組んでみようと思っています。

 

 

今日「公式問題集のリーディング」をやってみましたが、
分からない上に、時間がぜんぜん足りませんでした

 

特に
part5で時間を使いすぎたところがあったように思います。

 

 

part5の文法は、知っていれば「秒殺」。

 

知らなければいくら考えても分からない問題が多いので、
TOEICに特化した文法書で勉強することが大事だと改めて感じています。

 

この本で勉強することに決めたことに間違いないと感じています。

 

 

 

次回レポート→

 

「新TOEIC(R)TEST英文法 出るとこだけ!」関連ページをまとめて見られる方はこちら

続きを読む≫ 2013/03/09 23:40:09

 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー