QLOOKアクセス解析

+1%の法則【たった1%の努力を続ければ・・】

+1%の法則【たった1%の努力を続ければ・・】

平成25年10月12日

 

 

 

の会社では、9月末に上期を終え、
10月からは、また0からのスタートになります。

 

上期は、反省点は多かったものの、
やりきった感のある充実した期になりました。

 

期初に、上司からアドバイスをいただいたのですが、
以前読んだ本と内容が似ているなぁ・・
と思いながら聞いていました。

 

上司からの言葉は、

 

「同期の人たちとの実力差などほとんどないけど、
ほんのちょっと成果や結果にこだわれるかが、
勝負の分かれ目だ。」

 

「あと一点で、合格するか不合格になるか・・
結果は取り返しのつかないぐらいの差になるから・・」

 

という内容でした。

 

その日、家に帰ってからさっそく「その本」を
読み返してみました。

 

プラス1%の法則

 

一度読んだ本ではありますが、改めて読むと、
今の自分と照らし合わせて感じることがたくさん
ありました。

 

「ああ、やっぱりあと一歩の努力を歯を食いしばって
していかないと「勝つこと」や「本当の充実感」は
ないんだ・・と感じました。

 

「著者の野崎さんは、多分たくさんの苦労をしてきた方
なんだろうな・・」ということがよく伝わってきます。

 

そのような方が、どのようにして這い上がってきたのか、
どのような気持ちを持ってやってきたのか、

 

詩人として活躍している野崎さんは「励ま詩」とともに
読者に向けたメッセージを伝えてくれます。

 

冒頭にある「詩」が思いのほかしっくりきていて、
自分の気持ちにすーっと入ってきます。

 

アマゾンのレビューにも「腹落ちした」感じをもたれた
方が多くいらっしゃいましたが、私も同感です。

 

プラス1%の法則

 

「きのうの自分よりたったの1%頑張るだけ・・」

 

「これなら私もできるかも・・」と思ってやってます。

 

たったの1%ですが、

 

一日目 1×1.01=1.01
二日目 1.01×1.01=1.0201
     ・
     ・
     ・
一年後にはなんと、37.7834で約38倍の差がつくのです。

 

たった1%が一年も続ければ大きな差になってしまうのです。

 

「絶対達成 マインドのつくり方」でご紹介しましたが、

 

「英語の学習も「モチベーション」はいらない。
目標に向かって、ひたすら行動あるのみ」

 

その気持ちに加えて

 

あと一息1%の努力が必要なのでしょうね。

 

 

「+1%の法則」書籍のご案内はこちら


 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー