QLOOKアクセス解析

英会話なるほどフレーズ100を始めます

英会話なるほどフレーズ100を始めます

平成25年4月11日

 

「英会話なるほどフレーズ100」を始めます。

 

 

TOEIC一色でやってきましたが、ちょっとだけ「現実逃避」がしたくなって
英会話の本を買ってしまいました。

 

もちろんテストまでの2日間は封印しますが、早くやってみたい気持ちでいっぱいです。

 

英会話なるほどフレーズ100

 

英会話ができるようになるには、まず「話す」ということができなければいけませんが、
TOEICで高得点を取っている人でも、話すことの訓練をしていなければ
英語が口から出てこないそうです。

 

この本は、ネイティブなら子供のときに身につけるフレーズからはじめて
日常よく使うフレーズを体で覚えることで、反射的に口から英語が出てくる
ようになることを狙った本です。

 

英会話なるほどフレーズ100

 

「コアから広げる勉強法」ということを、はじめに書いておられますが
なるほどっ!と感心しました。

 

 

たとえば、

 

What's wrong? (どうしたの?)
     ↓
What's wrong with this? (これはどうしたの?)
     ↓
What's wrong with the boss today? (今日のボスはどうしたの?)
     ↓
What's wrong with the printer? (プリンターがどうしたの?)
     ↓
What's wrong with this idea? (このアイデアの何がいけないの?)

 

 

のようにひとつずつ簡単なもの(コア)から覚えて、広げて自分のものに
してゆくのがいいそうです。
著者の方が、日本語を覚えたときはそうして覚えたそうです。

 

わたしもこの本でコアを作り、英語が「話せる」ようになります。

 

 

 

次回レポート→

 

 

「英会話なるほどフレーズ100」関連レポートをまとめて見る方はこちら

英会話なるほどフレーズ100を始めます関連ページ

英会話なるほどフレーズ100【(2)聴きやすいCDは買い!】
「英会話なるほどフレーズ100」の学習は、仕事帰りの電車でCDを聴くことから始めました。このCDは英語と日本語の解説が交互に入っていて、CDを聴くだけでフレーズの学習ができます。
英会話なるほどフレーズ100【(3)口に出してなんぼ】
「英会話なるほどフレーズ100」のCDを、仕事帰りの電車で聴いています。CDの内容は分かりやすいですが・・・

 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー