QLOOKアクセス解析

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング【(2)使わない頭を使う教材】

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング【(2)使わない頭を使う教材】

平成25年4月27日

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を一週間やってみました。

 

 

今週は中学生1年生レベルの「step1」の
英作文を繰り返し電車のなかでやってみました。

 

 

通勤時間を利用しての学習なので、
さすがに声を出すわけにはいきませんが
頭の中で日本語を英語にする作業は
集中しないとできません。

 

ほかの教材を聞くのと違って「へとへと」になります。

 

それだけ今まで使っていない英語的感覚の頭を使っている
ということなのでしょうか。

 

 

意外と難しいのが「疑問文」でした。
設問の半分ぐらいは疑問文なのですが、
たとえば”Do”ではじめるのか”Are”で文をはじめるのか
というような簡単なことが、日本語と感覚が全く違うので
第一声の言葉がさっと出てきません。

 

今はいちいち考えて作文してしまっている状況です。

 

 

 

また、家に帰ってから実際に声に出してやってみるのですが
頭の中でやるのとまた感覚が違います。

 

当然ながら、声に出すと断然難しくなります。

 

実際に声に出すと、ごまかしが効かないので
分かっていないところがはっきりします。

 

 

テキストについてはまったく使っていません。
CDを使った英作文だけでも、ものすごい学習効果を感じます。

 

どちらかと言うと教材の要は「付属CD」にあります。

 

 

しばらくは「繰り返し練習」して慣れていこうと思います。

 

 

 

←前回レポート

 

 

「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」関連ページをまとめて見られる方はこちら

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング【(2)使わない頭を使う教材】関連ページ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングに挑戦します
「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」を購入しました。中学生レベルの日本語を瞬間的に英作文する訓練を繰り返します。以前からぜひ取り組んでみたいと思っていた教材です。

 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー