QLOOKアクセス解析

ハートで感じる英文法【(2)丸暗記は必要ないかも】

ハートで感じる英文法【(2)丸暗記は必要ないかも】

平成25年9月29日

 

 

なたも感じることができるはず・・

 

ハートで感じる英文法

 

9月末は社会人なら「キュッ」とくる
期末ですよね。

 

ノルマとプレッシャーに追い詰められる感覚・・・・

 

そうです。部長からの圧力・・
それこそが”on”なんだって。

 

こんな感じなんだって。
わかりますよね・・あなたなら

 

Manager suddenly turned towards me.
ハートで感じる英文法

 

Manager suddenly turned on me.
ハートで感じる英文法

 

”on”にはこういう「ぎゅっ」とか「うっ」
とかいう圧力がかかります

 

イメージできましたか?

 

 

 

←前回レポート                          次回レポート→

 

 

「ハートで感じる英文法」関連レポートをまとめて見る方はこちら

ハートで感じる英文法【(2)丸暗記は必要ないかも】関連ページ

ハートで感じる英文法【(1)感覚的に理解できる】
「ハートで感じる」という題名の通り、ネイティブスピーカーが繰り出す言葉を「感覚的に」理解する本です。大学入試の英文法とは一味違う感覚が味わえます。その言葉がどういう場面で出てくるのか、ほんとうに理解できます。
ハートで感じる英文法【(3)本当に同じ意味?】
高校生のときに習った「読み替え問題」・・例えば、to不定詞と分詞構文。willとbe going to。この本を読むと、本当に同意語として読み替えてもいいのだろうかと本気で思います。ネイティブの人が見たらびっくりするかも・・・
ハートで感じる英文法【(4)誤解していた助動詞の感覚】
助動詞の和訳で特に困ったことはなかったけど、今まで知らずに間違ったニュアンスを理解していたようです。ちゃんと理解して使いこなせたら楽しいかも・・
ハートで感じる英文法【(5)間違った使い方はもうできない】
知っているようで知らない「there」の使い方。本を読んで「there」の気持ちが理解できたら、もう間違った使い方なんかできなくなります。

 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー