QLOOKアクセス解析

絶対達成 マインドのつくり方【(2)英語の本ではないけれど・・】

絶対達成 マインドのつくり方【(2)英語の本ではないけれど・・】

平成25年10月7日

 

 

 

語の本ではないですが、
あなたにおすすめします。

 

絶対達成マインドのつくり方

 

先月は、9月で、会社の仕事は期末ということで、
大変精神的にもストレスを感じたひと月でした。

 

私は、営業職の管理職でしたので、期末の目標達成に
向けたプレッシャーは大変大きなものでした。

 

ところが、8月のお盆が明けたころの成績と言ったら・・
目も当てられないものでした。

 

どうやったら目標達成できるのか・・・途方にくれました。

 

「このままだったら、まずいよ。お前の職責をかけて
やってくれ・・」

 

毎日そんな言葉を上司からかけられていました。

 

わきの下から「たちの悪い」汗が流れるようです。

 

「職責がいくらあっても足りないよ・・」と思いつつ、
何とか頑張りました。

 

こんなこともありましたが、いま無事に期末を迎え、
その上、上位の成績を収めることができそうなのです

 

「いったい何が起こったんだ・・」と思うでしょ?

 

これも、この本のおかげで乗り切ることができたと
感じています。

 

「特別なこと」は何もしていません。

 

いつも、「いつかは必ずできるから」と自分を認めて、
目標をあきらめませんでした。

 

上司から何を言われても、「モチベーションは
具体的行動に必要ない」と言い聞かせて、
最後まで動き続けました。

 

たったそれだけです。

 

結果を出すためには、具体的行動を起こすことが
必要ですが、ただ起こすだけではなく、行動量が
伴っていなくてはいけません。

 

この本は、「わかっちゃいるけど、なかなか
できない人」が具体的行動を起こせるように
なるまでの考え方や、行動を起こす順序、

 

行動を起こせるようになるまでの段階・状態が
具体的に書いてあります。

 

絶対達成マインドのつくり方

 

自分との「ペーシング」が書かれてありますが、
このように「できない自分を認める」ことから始める
というのは、目からうろこでした。

 

ものすごい実績を「当たり前に」達成している人も
まずここから始めるというのが驚きです。

 

英語学習を始める際にも、自分なりの目標を設定し、
それに向かって具体的な行動を起こさなくてはなりません。

 

目標達成のヒントがこの本にはたくさん詰まっています

 

苦労を乗り越えて、一皮向けた強さを身につける
ことができたのかなー。と思っています。

 

この心の動きを定着させるには、もうひと山乗り越え
ないといけないのかなとも思っていますが、

 

でも、気が付けば、しんどい時期にもかかわらず、
ブログの更新も再開できるようになりました。

 

英語学習で苦しんでいる、そこのあなた!
一緒に「絶対達成マインド」を身につけて、
一緒に頑張りましょう!

 

 

←前回レポート

 

絶対達成 マインドのつくり方【(2)英語の本ではないけれど・・】関連ページ

絶対達成 マインドのつくり方【がんばりすぎて疲れた方におすすめ】
最近感銘を受けた本で「絶対達成 マインドのつくり方」という本があります。疲れてしまってやる気になれないという方には、ぜひ読んでいただきたい本です。

 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー