QLOOKアクセス解析

一億人の英文法【(1)イメージが大切です】

一億人の英文法【(1)イメージが大切です】

平成25年12月30日

 

 

天閣といえば、いかにも大阪って
感じですよね。

 

あなたもそう思いますか?

 

営業で通天閣のあたりを自転車で通る
ことがあり、つい「大阪らしいな」と
思って、記念撮影してしまいました。

 

通天閣

 

周りには、てっちりの「づぼらや」や、
多くの「串かつ」のお店が並んで
います。大きなふぐの形をした看板
なんて、いかにも「大阪」ですよね。

 

通天閣のあたりは「新世界」と呼ばれて
いて、大阪をテーマにした多くのドラマも
ここを舞台としています。
  →NHK 連続テレビ小説 ふたりっ子
  →読売テレビ開局55年記念ドラマ「泣いたらアカンで通天閣」

 

通天閣のすぐ北隣には、商売の神様
として有名な「今宮戎神社」があります。

 

1月9日〜の「十日戎」には、多くの参拝者
が「商売繁盛」を祈願しに訪れます。

 

東隣にはすぐ、「天王寺動物園」も
ありますし、その先には、日本一高い
高層ビルの「あべのハルカス」が
できました。

 

「あべのハルカス」は通天閣の3倍も
高い建物で、通天閣が低く見えて
しまうほどです・・・

 

しかし、

 

いろいろな名所がありますが、一番
大阪をイメージさせるのは、やはり
この通天閣のあたりでしょう。

 

※通天閣へのリンクもご用意しました
  →通天閣オフィシャルサイト

 

でも、本当はいろいろな大阪があり、
通天閣のあたりの大阪は、ほんの
一部の光景に過ぎません。

 

イメージは強力な力で、その土地
を知らない人に、通天閣のあたりの
光景が「大阪」なんだと思わせて
しまっています。

 

「イメージ」にはそんな強い力が
あるんですね。

 

「一億人の英文法」は、英語を話す
ときのネイティブスピーカーの持って
いる「イメージ」や「意識」に焦点を
当てて、英文法を解説するスタンス
の本です。

 

一億人の英文法

 

「このフレーズは、こんな感じのときに
使うんだ。」ということが、心で感じる
ことができ、本当によく理解できます。

 

単語の解説まで「イメージ」を意識
してあります。

 

一億人の英文法

例えば、「put」という単語ですが、
put=置く と訳をしますよね。

 

でもただ「置く」のではなく、「何かを
どこかにポン・・」っていう感覚なんだ
そうです。

 

右のカレンダーを貼る例文でイメージ
ができますね。

 

カレンダーを壁に「ポンッ」とつける
感覚です

 

砂糖をポンと入れてしまった・・という
感覚も「put」で表せるようです。

 

では、この本は単なる文法解説書
なのかというと、そうではありません。

 

この本の冒頭に本書のテーマが
書いてあって、それは・・

 

「話せる英語を最速で達成する
ための文法書」

 

・・なんだそうです。

 

今までの経験から、文法書で英語が
話せる?って、なんだか信じられない
感じがしますが、この本は果敢に
挑戦しています。

 

一貫して、ネイティブの「意識」に焦点を
あてて解説がしてあります。

 

読み進めるたびに「へぇー、そうなんだ」とか
「これって、そういう意味だったの?」とか
新しい発見が次々とでてきます。

 

大学を卒業して「英文法」なんか関係ない
と思っているあなたにも、読み物として
楽しめる本ですよ。

 

「一億人の英文法」関連レポートをまとめて見る方はこちら


 
トップページ 目次 プロフィール お問合せ リスニングパワー